教育,勉強,受験,試験,勉強法,記憶術,勉強術,やさしい,やさしい勉強法,神木,神木龍,資格,高校,中学,高校生,中学生,能力,暗記,暗記法




今すぐこのマニュアルを手に入れたい方はコチラへ。









このサイトは、『どうしても志望校に合格したい』、『思うように成績が上がらない』、『どういうふうに勉強をすればよいのかが解らない』と勉強法にお悩みのお子様のために、その勉強法を伝授するサイトです。



信じられないような秘術を使う、あるいは魔法を使うといった信頼性のない勉強法ではありません。



そういった方法をお望みの方であれば、どうぞこのサイトを閉じてください。



私を信じていただける、もしくは話だけでも聞いてみようかと思っているあなただけに読んでいただきたいのです。



私の理念に共感していただける方だけに送る手紙です。





もし、あなたが真剣にお子様の将来を考えているのであれば、今すぐこの手紙を読み進めてください。




お子様の将来に全く心配していない、心配する必要がないというのであれば、これから私が述べるこの手紙を読み進める必要は全くありません。



『うちの子には志望校に合格して、夢のある有意義な人生を送ってほしい。』



という、あなたの熱い思いを達成するお手伝いをさせていただくために書きました。




はじめに断っておきますが、私はあなたにこの勉強法を押しつけるつもりは全くありません。



もちろん、この手紙を読んでお子様と一緒に勉強をして志望校に合格しようと思っていただけたら、これほど嬉しいことはありません。



それは、お子様の勉強に対して真剣に考えており、なおかつ私の理念に共感してくれたということですから、そういうあなたを大歓迎したいと思います。



この手紙は、あなたへのささやかなプレゼントだと思ってください。



この手紙の内容は、私が考える志望校合格への全てを書いたと言っても過言ではありません。












偏差値45だった私が、そのおちこぼれからあっさり抜け出し、一流難関大学と呼ばれる早稲田大学に合格した勉強法を包み隠さずさらけ出し、その全貌を余すことなく大公開いたします。




早稲田大学に合格した勉強法と言っていますが、早稲田大学合格限定の勉強法ではありません。



私は、その他の有名大学(立教大学・関西大学などなど)にも合格しています。



ですから、どの学校に対しても通用する勉強法だと思っていただいて結構です。



早稲田大学に合格するには、偏差値が75以上にならなければなりません。



私は偏差値45から75へあっさりと変貌を遂げたのです。



偏差値が30も上がったわけです。




その勉強法を知りたくはありませんか?











とてつもない魔法を使ったわけでもなく、秘術を使ったわけでもなく、超能力を使ったわけでもありません。



王道を進んだだけのことです。



勉強法に近道はありません。



しかし、
『回り道をしない正しい勉強法』はあります。



回り道をしない正しい勉強法をした受験生だけが、念願の志望校へ見事に合格しているのです。




この勉強法を実践することで、あなたのお子様の将来が変わることでしょう。




そして、あなたの大切なお子様を志望校へ合格させてみせます。



あなたのお子様には明るく輝く未来が待っています。



そして、
お子様の能力は無限大なのです。



正しい道を正しく歩めば、人生で最高の喜びを味わえることは間違いありません。






私には、あなたのお子様を志望校に合格させる自信があります。


あなたに、『お子様に良い成績をとってもらって、どうしても念願の志望校へ合格させてあげたい!』という気持ちがある。



そう誓えるのであれば、私にほんの少しだけあなたの時間をください。



私は、あなたのお子様を志望校へ合格させる勉強法を教えることができます。



正しい勉強法を習得・実践することによって見事に志望校に合格し、お子様の溢れんばかりの明るい笑顔を見ることができるのです。



しかも、おちこぼれて成績不振でその将来をあきらめているというお子様でも、実践すれば回り道をしない志望校へ合格する道が歩めるようになるのです。



あなたのお子様は次の手順通りに実行するだけです。




1.まずは今の自分を知る。
(お子様のそれぞれの能力に合ったスタート地点が明確になります。)



2.志望校に合格して、将来どうなりたいかという夢をもつ。
(夢をもつことで目的意識がはっきりとし、勉強に取り組むモチベーションを維持できます。)



3.盲点を突いた集中力を維持する方法で長時間集中力をもってもらう。
(勉強に重要な要素として集中力があげられます。誰も気がついていない集中力を持続するスケジュールを組んで長時間集中できるようになります。)



4.暗記が不得意ならば、私の呈示する画期的な記憶術で、その不得意から脱出してもらう。
(記憶は印象的であればあるほど脳裏に残ります。印象に残る記憶術を使えば忘れられない記憶となります。)



5.自分だけのカスタマイズされた参考書をつくってもらう。
(弱点を考慮した誰も持っていない自分だけの参考書をつくることで、弱点を克服することができます。)





以上5つの手順で、志望校へ合格していただきます。











また、
特別にあるテクニックも採用します。



今や、ビジネス界でも最も注目をあびる画期的な手法を使い、忘れようとしてもどうしても忘れられない記憶術を習得することができます。



海外ではもちろんのこと日本でも有能なビジネスマンが使うあなたの脳を最大限に使う方法です。



アインシュタインやジョン・レノン、ビル・ゲイツなどの天才と言われる人たちも採用していた手法です。



今や世界でも有数の教育国と言われる韓国でも、授業のなかでこの方法を取り入れています。



私自身も、この画期的な方法を実践してビジネス展開をしている実証済みのテクニックです。



受験勉強に限らず、社会に出てからもビジネスをする上でも非常に効果的な手法なのです。



この手法を使えば、一冊の本を一枚の紙にまとめることができるのです。



バラバラに散らばった混沌とした思考を簡単にまとめ上げることができるのです。



この方法を使うと、思考が明確になってくるのです。



この手法を使えばどんなビジネスでも成功に導く、画期的で有効な手法なのです。



あなたのお子様の将来において有益な手法なのです。




この手法を早い時期に習得していれば、将来何をやるにしても有効になってくるのです。



これを機会に是非ともこの手法を習得していただきたいと思います。





あなたが、本当にお子様の将来について”真剣”に考えているならば、どうぞ読み進めてください。



読み終えたときには、あなたのお子様がゼロの状態から見事志望校へ合格することを確信していただけることでしょう。




これからお話することは、私が経験した真実のお話です。



偏差値45以下の落ちこぼれだった・・・。




『ちくしょう!ちくしょう!ちくしょう!』



私は何度も叫んだ。



『俺にはやっぱり無理なんだ!俺は無能なんだ!』



自己嫌悪に陥り、どうしようもない失望感を感じ、これからの自分の将来が真っ暗になった苦しみを覚えた。



親には
『この金食い虫がっ!!!』 (本当にこう言われました。)



と罵倒され、追い打ちをかけるように私の心はズタズタに切り裂かれた。



周りの友人には
『俺は早稲田に行く!』と息巻いて豪語していた。



友人は私のこの言葉を全く無視し、それどころか
『お前なんかに早稲田なんか無理だぜ!バカだぜ!』と言い放った。



もちろん私の成績では当然、早稲田に合格するレベルではなかった。



偏差値45の平均以下の学力レベルの私に、早稲田に合格することができないことぐらい解っていた。



でも、どうしても早稲田に行きたかった。



早稲田には、私を惹きつける魅力がいっぱいあった。



東大ではダメなのだ。



高校時代、バンド活動に明け暮れ、いつしかプロのミュージシャンになりたいという夢があった。



早稲田には、有名なミュージシャンを多く輩出していたという実例があった。



そして、自由な校風。



音楽の専門学校なんか行くことは、親が許してくれないことは重々承知していた。



だから、どうしても早稲田に入りたかったのだ。



バンド活動に明け暮れていたので、勉強なんかはそっちのけだった。



積み重ねの勉強をしなければいけない受験勉強をおろそかにしていたのだ。



私は2度の受験に失敗している。



こんな調子じゃ無理もない。



受験勉強も3年目に入った。



ここで、私は立ち止まった。



自分を見つめ直し、勉強方法や勉強に対する思考を考え直そうとを思ったのだ。



そして、3度目の早稲田受験。



ドキドキしながら合格発表の掲示板を見に行った。



鼓動は高まるばかり・・・。



受験番号を手に持って、掲示板にある番号を目で追った。



あった!



私は、見事念願の早稲田に合格できたのである。



『やった〜!俺はやったぜ!』



目頭が熱くなり、涙が溢れそうになった。



押さえきれない興奮が押し寄せてきた。



いったい私に何がおこったのだろう?



3年目の受験勉強に取りかかる前に、一度立ち止まったのが良かったのである。



そこには、私が考えた受験勉強法の基礎ができあがっていたのであった。



モチベーションを維持し、集中力を持続させ、時間を有効に使う方法だったのだ。



何も特別なことはしていない。



ただ、迷いのない回り道をしない勉強法を実行しただけのことであった。




どうですか?



私みたいなおちこぼれでも一流難関大学に合格できた
ウソ偽りのない真実のストーリーです。



この私の話を読むだけでも、あなたは自分にでもできるのではという自信が湧いていませんか?



私は特別に頭がいいわけではありません。



むしろ、頭が悪い方だと思っています。



飲み込みも遅いし、理解力や判断力も人より劣っています。



こんなどうしようもない私でも志望校に合格できたのです。




不思議に思いませんか・・・。









実は、絶望的に成績の悪いお子様でも、一流と言われる高校や大学に合格することは、いたって簡単なことなのです。



正しい勉強法をすれば・・・。



先ほどの私のお話がそのいい例です。







こんにちは。



『神木流合格勉強法』神木 龍(かみき りゅう)です。神木 龍



上記の通り、私自身、勉強のできないどうしようもない
”おちこぼれ”でした。



勉強なんかはそっちのけで、バンド活動ばかりをしていました。



はっきり言って
”バカ”ですね。



勉強をしなければいけない大事な時期に勉強をしないバカでした。



身の程知らずのとんでもないバカでした。



当然、校内の成績も後ろから数えた方が早かった。



理想ばかりを追い求めて、現実を見ていない
”愚かな人間”でした。



親の心配なんかも全く気にせず、自分の欲望のままに毎日を過ごしていました。



勉強なんかやる気がなかった・・・。



現実を見たくないために、いつしか勉強からいちばん遠い位置に自分を置くことを選んでいました。



勉強から逃げていた・・・。



塾にも通っていましたが、それは友達に会って遊ぶためでした。



親から押しつけられた、自分の意思で通った塾でもなかったし・・・。



当然、親もあきらめていました。



親は私を塾に通わせればなんとかなるだろうと勝手な思いこみをしていたのでしょう・・・。



私は、もう完全に
受験勉強失格者だったわけです・・・。



しかし、2度の受験に失敗したことで、それまでの自分を見つめ直す機会を得たのです。



一度、立ち止まって勉強に対する姿勢を変え、方法論を編み出したことで見事一流と言われる早稲田大学に合格できたのです。





いったい、私はどうやってこのどうしようもない絶望的な成績から一流大学に合格したのでしょうか?



いったい、どうやって難関大学を突破する勉強法を編み出したのか?











前述のとおり、きっかけは、一度立ち止まるということでした。



一度、立ち止まり、それまでの自分を見つめ直し、失敗した経験から編み出した勉強法に沿って勉強をしたことが成功の要因だったのです。



自分に素直になれた結果なのです。



その勉強法は驚くほど効果的で、迷うことなく閃光が走るかのごとく一直線に合格へ結びついたのです。




合格してからは、周りの私を見る目が変わりました。



当然です。



一流と言われる早稲田に合格したのだから・・・。



自分自身にも自信がつき、優越感にひたることができました。



卒業後は、宇宙開発事業団(旧NASDA)に勤務したり、転職しても早稲田というネームバリューで某一流企業に採用されました。




こういった苦悩を乗り越えたからこそ、私は受験合格に対しての自信があります。




勉強方法に難攻不落の鉄城を築きあげたのです。




それだけに、私は自信を持って言うことができます。




”おちこぼれ”でも一流大学に合格できるのです。




なぜなら、私が実際に合格できたのだから。



私が身をもって実験台となって実証した事実なのです。



私より優秀なお子様であれば、志望校に合格することができるはずです。



できなければおかしいと思います。




しかし、実際のところ自分の成績を見てあきらめてしまう人が多いのです。





『正しく勉強をすれば志望大学に合格できるのに・・・。』



『やる気がなくなればやる気を出す方法があるのに・・・。』






私はいつもそう思います。



本当にもったいない・・・。











あなたのお子様は、下記のようなことで悩んでいませんか?




勉強って何をしていいのかが解らない。


やみくもな勉強法をしている。(それをお子様本人が解っていない)


どういうふうに勉強をすすめていいかが解らない。


自分は頭が悪いからと最初からあきらめている。


勉強をやる気が起こらない。


集中力が持たない。


思うように成績が上がらない。


モチベーションが維持できない。


将来の展望がまったく見えない。


焦ってばかりで、勉強がはかどらない。


直面する現実から逃げようとし、自分を正当化してしまう。


なかなか覚えられない。


無駄な時間ばかりを過ごしてしまう。


失敗することを恐れてばかりいる。


不安ばかりを考えて自己嫌悪におちいる。


必要以上の過度のストレスを感じてしまう。





こういった思考は勉強をすることにおいて、全てマイナスのイメージです。



勉強のできない人が思うことです。



本当の勉強のやり方を知らない人が思うことです。



実は、以上にあげた項目は私自身が感じて悩んでいたことです。



勉強から逃げていた私は、受験をひかえて勉強をせざるを得ませんでした。



勉強をやる気がなかった私が、受験に取り組まなくてはいけない時期に入ったのです。



全く心の準備もなく・・・。



勉強の”べ”の字も解らなかった私が、勉強に取り組まなければならなかったのです。



そして、勉強を始めたのはいいけれど、全く無計画で暗中模索のやみくもな勉強の仕方でした。



いきなり、背中をドンと押されて前へ出されてしまったという感じです。



自分の意志で始めた勉強ではなく、周りが勉強を始めたからしかたがなく始めた勉強だったのです。



おちこぼれの私には残酷な仕打ちでした。



できることなら、ギターを弾き続けたい。



逃げることばかり考えていた。



こんな中途半端な気持ちで取りかかった勉強だったのです。



どうしようもなく苦しく、鬱(うつ)の状態が続いた・・・。



苦悩が苦悩を呼び出し、苦悩のスパイラルに陥ってしまいました。



悩みだけではないのです。



苦しみも伴うのです。



ここまで来るともう鬱病(うつびょう)です・・・。



尋常な思考がはたらくわけがありません。



こんな気持ちを誰が理解してくれるでしょう。



しかし、苦しみながらも、勉強に取り組んだ。



誰にも負けないくらいに猛勉強をした。



そして、受験を迎え結果はどうでしょう・・・?



合格するはずがありません。



当たり前です。



無謀にも最初から早稲田を狙っていたのですから・・・。



進学校に通っていた私には、大学に行くことしか選択肢が無かったのです。



高卒で就職するという考えは全く無かったのです。



後戻りはできなかったのです。



追いつめられた状態・・・。



走り去る快速電車を見ると、それに吸い込まれそうな気持ちになったりしました。



『このまま突っ走る電車に飛び込んだ方が楽になれるかも・・・。』



精神的に非常に危険な状態でした。



でも、夢に向かうには早稲田に合格することしか選択肢が無かったのです。



土台のない、積み重ねのない上辺だけの猛勉強が、悲惨な結果をもたらしたのです。



もう、絶望的な状況です。



早稲田に入るなんて夢のまた夢だったのです。



しかし、どうでしょう?



全ての苦悩を払い去り、3回目のトライで見事に早稲田に合格したのです。











苦悩を全て解決した結果だったのです。




あなたのお子様も勉強をするうえで、悩みをお持ちではないでしょうか?



きっと、前述の項目に当てはまる悩みがあると思います。



あなたのお子様が、正しく勉強をしていきたいのであれば、こういった悩みを全て解消していかなければなりません。



あなたのお子様が、志望校にどうしても合格したいのであれば、こういった悩みの全てを解決することが大前提です。



悩んでいることが多ければ多いほど、前へ進む可能性がたくさんあります。



これは、前へ進もうという強い意志の現れです。



成功を導き出すには、苦悩が伴います。



だから、苦しみながら勝ち得た成功は、これほど充実した満足感を得るものはありません。



登山家や冒険家がどうして危険な目にあってでも、その目標に挑もうとするのでしょうか?



それは、目標を達成した充実感や感動や喜びを味わいたいためです。



危険であればあるほど、その感動は絶大なものになるのです。



勝ち取ったときには、人として一まわりも二まわりも大きく成長しているはずです。



そして、その成功が自分自身の自信へとなっていくのです。



自信がつけば、怖いものなど何もありません。











勉強には取りかかるスタート時点が非常に重要です。




スタートしたのはいいけど、進む方向を間違えた。



受験を失敗した多くの受験生は、私も含めて、このスタートを間違えていたのです。



これでは、目標とするゴールにたどり着けないのは当たり前のことです。



まず勉強に取りかかる前に、悩みを解消しておけば、あとはスムーズに勉強に取りかかることができます。



躊躇(ちゅうちょ)して足踏みばかりしていては前に進めません。



こんな状態では、勉強もはかどるわけがありません。



ましてや、念願の志望校合格を勝ち取ることができません。



勢いにまかせて、何の準備もせずに勉強を始めると大きな間違いを引き起こす危険性をもっています。



やみくもな勉強は
『地図も羅針盤もない大航海』と同じなのです。



荒波に飲まれ海の藻屑(もくず)となるのが落ちなのです。



なぜスタートが大事なのか?



1から2へ進む間に、間違いを見つけられたら軌道修正をすることができます。



1へ戻ればいいだけのことです。



しかし、0から1へ進んで、間違っていたと気づいたときには、全く無い状態”0”になってしまうのです。



1へ進んだこと、これが間違っていたことになります。



最初からやり直しということになります。



つまり、全く無い状態0から1へ進むのは、しっかりとしたビジョンを持たなければいけないということです。



ここが最重要事項です。



勉強を始めるスタートの地点、つまり、0の地点で方向性を間違ったまま進んで行くと、知らず知らずその向かうベクトルがどんどん違う方向へ向かって、最後には軌道修正できないというどうしようもない状態になってしまいます。



勉強を始めるにあたって、現在の自分を知ることが非常に重要になってくるのです。



しかし、今回お伝えする勉強法では、受験生のそういった悩みを完璧に消し去ることができます。



受験生の立場に立って、実用性が高いうえ不安材料を克服する手段を網羅しているうえ、具体的な勉強法とその手順を詳しく解説しているので、




あなたのお子様は、その解説に書いてある通りに実行するだけで、志望校に合格してしまうからです。




実は、私が編み出し実行した勉強法では、簡単に述べると以下の流れを実行するだけなのです。











志望校に合格する方法とは?




1.現在のお子様の状態を具体的に理解し、それを客観的に捉える。

  (自分は今どういう状態なのかを客観的に理解することで、これから進む方向性を間違えないようにします。)


2.合格してから将来どういう自分になりたいかという夢をもつ。
  (夢をもつことで、勉強するにあたってのモチベーションが維持することができます。)


3.体系的な勉強方法をすることで、間違いのない勉強法をする。
  (システマチックで誰にでも当てはまる方法で、正しい勉強法を身につけることができます。)


4.なかなか忘れることのできない記憶術で、暗記の不得意から解放される。
  (特別な記憶法を使うことで、覚えようとする項目を印象的なものにして忘れられない記憶にすることができます。)


5.参考書の使い方を工夫するだけで、自分だけにカスタマイズされた対策ができる。
  (あたえられた条件(参考書)はどの受験生でも同じです。参考書を工夫して使うことでその効果を最大限に生かします。)




たったこれだけなのです。



非常にスマートでシンプルな方法です。



この手順で勉強を進めていくと、志望校に合格するはずです。



絶望的で悲惨な状況だった私ができた、非常に実用性の高い勉強法で、むしろ失敗するほうが難しいくらいの勉強法が身につけられるのです。



おおまかな流れはつかんでいただけたことでしょう。



では、さらにその『神木流 100%合格勉強法』のほんの一部を紹介します。




■周りが血眼(ちまなこ)になって猛勉強をしているあいだに、余裕をもって遊んでいても見事に志望校へ合格する、みんなが不思議に思う受験生の勉強方法のやり方とは?

以前の私が、正しい勉強法を知らないでやみくもな勉強をしているという状態であったように、あなたのお子様も要領の悪い勉強法をしている状況かもしれません。しかし、単に要領がいいから志望校に合格したわけではなく、実はこういった受験生は、遊んでいるあいだにも既に受験勉強をバーチャルに行っており、その反復の成果が合格へと結びついただけのことです。それが解れば非常に簡単なことであることが理解できます。




■『あいつは天才だから』、『もともと頭がいいから』合格しても当然と言われる受験生が、実は天才ではないのに本当に天才的に勉強ができていたと思わせていた実態とは?

世の中には天才と言われる人がたくさんいます。でも、そういった彼らは本当に生まれながらにして天才だったのかと不思議に思うことはありませんか?彼らが自分自身を天才と呼んでいることはほとんどないことをよく耳にします。周りが天才と言っているだけのことです。天才はつくられた巨像であることが解ります。人並みはずれた好奇心が、彼らを天才と言わせる偉業を成し遂げただけのことなのです。ただそれだけのことなのです。




■勉強のために様々な参考書を手にするでしょうが、参考書に振り回されず、逆に参考書を効率的に使いきる画期的な方法とは?

書店に行けばたくさんの参考書が並べられています。しかし、本当に自分に合った参考書は何かということに悩む受験生がたくさんいると思います。背伸びをして自分のレベルも考えずに難しい参考書を選んでしまうがために、挫折をしてその参考書を二度と開かなくなるようになってしまうのが落ちなのです。そして、他の参考書を探そうとして、参考書難民になってしまうのです。一流と呼ばれる学校に合格する受験生は特別な参考書を使っているわけではありません。用意される条件はみんな同じです。その参考書の使い方を間違えているだけのことなのです。




■ライバルは蹴落としてまでも自分が合格しなければならないという受験戦争においても、そのライバルを利用し自分の成績をぐいぐい押し上げる方法とは?

本当のライバルはいますか?ライバルはエイリアンを銃で撃ち殺して倒してしまうだけの敵ではありません。野球漫画『巨人の星』で言う星 飛雄馬のライバルは、花形 満と左門 豊作です。この話では、出演するライバルと闘って勝利を得るだけの敵ではありません。敵でありながら友情も持っています。切磋琢磨することもあれば、友情で涙することもあります。そういったことで、お互いの力の相乗効果を発揮しているのです。ライバルは上手く利用するのです。それでこそ、本当のライバルと言えるのです。




■本来の意味での教育が何であるのかという疑問があるのであれば、その疑問を解決できる考え方とは?

教育とは、本来、親が行うものであることはお解りでしょうか?『学校に任せていればいい』、『先生の言うとおりにすればよい』と思いこんでいませんか?私が考える教育とは、お子様が今日一日あったことを会話を通して聞いてあげることだと思っています。親と子供がお互いにコミュニケーションをとることで、信頼関係を築くことができるのです。このコミュニケーションが教育だと思っています。お子様が考えていることを本当に解ってあげていますか?私の持論は、『教育とは今日を育む』と考えています。つまり、『今日育(きょういく)』なのです。お子様があなたに語りかけることで、自分を振り返るという行為を行います。それに対して、あなたは共感や指導をしてあげることが教育となるのです。それが、本当の意味での教育だと私は思います。




■受験生は遊んでいてはいけないという考えにとらわれていることが、全く無意味であると思わざるを得ない思考法とは?

遊びの定義はやりたいことをやりたいようにするということです。つまり、遊ぶことによって脳内アドレナリンが大量に放出されて、脳の活性化がおこります。長い期間の受験勉強にこの『遊び』を取り入れることで効率的な勉強を行えることとなるでしょう。精神面での強力なバックアップ体制が、この遊びをすることで備わってきます。遊ぶことは非常に重要です。あなたの思考を逆転してみましょう。




■どうしても記憶できないと悩んでいる受験生がどうしても忘れことができなくなる画期的な記憶方法とは?

今やビジネス界では強力な思考法として取り上げられているあるテクニックを使うことで、どうしても忘れられない印象深い記憶として脳裏に残ってしまう方法です。この方法を学生の時期に習得しておくことで、将来ビジネスをすることにとっても非常に有効な方法であることが解ります。今や世界の教育の先進国、韓国でも授業科目に採用されている方法です。アインシュタインやジョン・レノン、ビル・ゲイツなどの天才と言われる人たちも採用していた手法です。これを習得しておかない手はないです。




■勉強をしているあいだに記憶の定着はおこらず、実は勉強時間以外の時間が記憶の定着を促進させる有効な思考法とは?

睡眠をとることは、それまで勉強をしたことの記憶を定着させる作用があることは昔から言われています。勉強をしていない時間を有効利用して、この記憶の定着化を促すことができるようになります。勉強をして適度に時間をおくことで、その勉強内容が頭の中で整理されてくるのです。勉強をしていない食事時間、通勤・通学時間、お風呂の時間、トイレの時間などを有効に使うことで、この記憶の定着化を導き出せるのです。





■勉強をする気が起こらない、モチベーションが上がらないと悩んでいる受験生が、長期間そのモチベーションを維持し続け、見事志望校に合格してしまう方法とは?

夢は何ですか?将来どういうふうになりたいですか?子供の夢の可能性は無限大です。目標は志望校合格ですが、それは手段であって最終目標ではないはずです。将来自分がどうありたいかを明確ににすることで、そこに向かう原動力が生まれてきます。夢を持つことが受験生のモチベーションを維持する最大の要素なのです。





■試験直前1ヶ月前からおこなうことで、試験当日も緊張することなくスッキリとした気持ちで試験に取り組める方法とは?

長期間勉強をすすめてきて、ラストスパートの試験当日の1ヶ月前には様々な不安がおこるものです。それに対処するためには、あらかじめ試験の状況をシュミレーションしておくことで、試験当日でもあわてたり動じることもなくスッキリとした気持ちで受験に挑むことができるようになります。まずは敵を知っておくことが非常に有効であることが理解できます。





こういったことを意識して勉強に取り組むことで、お子様の学力は一段とパワーアップするはずです。











学力は一日にして向上することはありませんが、ほんの少しだけ意識を変えるだけで絶大な効果を生み出します。



意識を変えることは簡単なことなのです。



何も難しく考えることはありません。





眠っていた潜在意識を呼び起こすだけのことです。




向上心のない受験生はいないはずです。



向上心のない受験生は、もはや受験生ではありません。



前に進もうという意識さえあれば、どんな困難でも乗り越えられることができます。



そして、夢を持つことが将来への大きな希望を導き出すのです。



今まで、勉強法について様々な教材や本を手にした方がいらっしゃると思います。



私もいろいろ手にして読んでみたり、試してみたりしました。



しかし、そこには具体的な方法論が書かれていないのです。



すべて、大まかなガイドラインに過ぎないのです。



情報過多の時代、いったいどのように勉強すればよいかということに迷っている受験生が多いはずです。



まじめに学校や塾の勉強に取り組んでいてもなかなか成績が上がらないことがあります。



まじめに学校や塾に通っていても、志望校に合格するとは限りません。



それは、学校や塾に問題があるのです。



残念ながら、学校や塾では勉強の中身を教えるだけで、受験生の意識に働きかけることをしません。



学校自体にも塾に任せようという無責任な思考があるのが現状です。



これは中学校の教師をやっている私の義姉が言っていた衝撃の事実です。



現役の教師がこんな無責任なことを言っているのです。



驚くべき事実です・・・。











重要なのは、勉強に取り組むマインドなのです。




『がんばれ!』と一言で言われても、『どう頑張ったらいいの?』と思う学生がほとんどだと思います。



私もそうでした。



具体的に、どういう方向でどういうふうに勉強すればよいか、また、どういうふうに頑張ればよいかというビジョンが全く見えないのです。



私が迷って悩んだ経験から、そういった受験生を助けたいという気持ちが多分にあります。




『迷える子羊たち』を救ってあげたいのです。




あなたのお子様には、私のようになって欲しくないのです。



鬱病(うつびょう)にまでなってしまった私のようになって欲しくないのです。



早い時期から確固とした意識をもっていれば、少なからず迷うことはなくなるでしょう。



私は前述したとおり、3回目の受験勉強に取りかかる前に一度立ち止まって自分を見つめ直しました。



ここで、
意識の改革をおこなったのです。



その意識をもって1年勉強に取り組んだことによって、難関校と呼ばれる早稲田大学に合格できたのです。



意識の持ち方を少し変えるだけで、実力以上の力が発揮できるのです。



私が実際に体験した
実証済みの事実なのです。



私は悩める受験生の立場を考え、その視点から受験生を勇気づけたいと思っています。



あなたのお子様の悩みにあてはめて、行動すれば志望校に合格することができます。



まず最初に何をすればよいのかを具体的に示しています。



実用性の高い勉強法で、あなたのお子様の勉強の方向付けを明確ににし、それに伴いお子様の勉強に対する自信も付き、迷うことなく勉強に取り組めるのならば、やらない手はないですよね。



そこで、受験生の悩みを解決する『神木流合格勉強法』というマニュアルを執筆いたしました。



これは私が3年間という受験勉強生活において、その蓄積されたノウハウを余すことなく集大成したマニュアルです。



こういったことから、総合的に勉強法として集約された実用的なマニュアルであることを自信を持ってお伝えします。



このマニュアルは、
20の項目から構成されています。



その項目を紹介すると。




1.自分を知ることで困難に直面してもそれに対処する方法を習得できる。




2.目標設定を発想の転換をもって設定することで、迷うはずのない道を歩くことができる。



3.どうして一流校に合格できたのか周りが驚く思考法を理解することができる。



4.頭が悪いと自分をあきらめている受験生に自信をつけさせることができる。



5.ライバルの存在は自分の意識を高める絶好のチャンスであることが理解できる。



6.日々の生活から教育とはどういうことなのかを再認識することで、よりよい人格形成をすることができる。



7.知識こそ人生において最大の武器となり、知識こそ成功へ導くカギであることが理解できる。



8.受験勉強をしている間に、遊ぶということはタブー視されがちですが、実は遊びも受験勉強において必須のことであることが解る。



9.確固とした自分を作り上げることで、揺るぎない精神力を身につけることができる。



10.恋は禁物と思われがちな受験生にも、押さえられない気持ちを解消することができる。



11.不安がもたらすものは何でしょう?それが失敗しかないことが理解できる。



12.生活習慣の重要性を再認識することで、勉強を制することができる。



13.記憶を定着させるためには、意識にはたらきかけることで確実なものにすることができる。



14.集中力が受験勉強では欠かすことのできない要素であることは周知のことであり、その集中力を持続させる方法が解る。



15.偏差値至上主義の受験において、それが意味のないことが解る。



16.参考書は何を選ぶかではなく、どう使うかということが理解できる。



17.参考書の使い方を具体的に説いて、その有用性が理解できる。



18.驚異的なノートの取り方で、思考がガンガンまとまることができる。



19.過去問題を徹底的に分析することで、自分だけにカスタマイズされた『傾向と対策』をつくることができる。



20.受験直前1ヶ月前から受験日当日までにあることを行うことで、試験当日でも何の不安もなく試験に取り組めるようになる。





といった内容となっています。



どうですか?



ここまで徹底的に勉強方法を説いたマニュアルはいまだかつてあったでしょうか?



かなり内容の濃いマニュアルに仕上がっています。



あなたのお子様が、このマニュアルを読むことで得られる効果は絶大であることを自信をもってお伝えします。



一読するだけで、勉強に対する意識がそれまでの考えとは全く違うものになるはずです。



同時に、勉強に対する意欲もそれまで以上にでてくるはずです。




これで志望校に合格しない要素を一掃することができます。



つまり、志望校に合格してしまうのです。



意識をほんのちょっと変えるだけで、志望校に合格してしまうのです。



そのお手伝いが、このマニュアルにはできてしまうのです。



早い時期にこの意識の改革と勉強法を身につけると、志望校に合格することもそう遠くなくなるのです。



意識を改革し取りかかりが早ければ早いほど、その効果は最大限に生かせるのです。




受験生には時間が限られています。




だらだらとしている暇はないのです。



一刻を争うのです。



決めたらすぐに行動に移す姿勢が非常に重要になってくるのです。



是非この機会に効率的な勉強法を習得し、一刻も早く行動に移してほしいのです。



ここで、最近私が読んだ本のなかで書かれていた逸話をお話します。




ウサギとキツネがいました。



キツネは頭が良く、猟犬に狙われたときに対処する方法をたくさん知っていました。



それとは反対に、ウサギは頭が悪く猟犬に狙われても、走って逃げる方法しか知りませんでした。



そういうウサギとキツネがいるところに、猟犬が襲いかかってきました。



当然、ウサギは逃げることしか知りませんから、全速力で逃げ去った。



しかし、キツネは対処法をたくさん知っているあまり、どうやって逃げようかと考えているうちにとうとう猟犬に捕まってしまいました。



キツネの大失態です。



行動を早く移さなかったキツネの失態でした。




お解りでしょうか?



迷っている暇はないのです。



このまま何も解決策を見いだすことができず、躊躇(ちゅうちょ)していては何も変わることがありません。



目標のないやみくもな猛勉強をするまま時間だけが過ぎていき、志望校に合格することから遠のいてしまうのです。



果たして、あなたのお子様は、こういった状況のままでよいのでしょうか?



私はそういった子供達を見るに耐えられません。



こういった状況から一刻も早く脱出できるのであれば、もうこれはお金では買えない価値ですよね。



まさにあなたのお子様の将来を左右するほどの重要なことです。



高い月謝を払って塾にも通っているのに、その効果が現れない。




月謝の払い損になっていませんか?



塾の商業主義に騙されていませんか?




効果のでない塾に頼り切っていませんか?





先ほども述べた通り、私はこの
『神木流合格勉強法』受験生を救済する目的で執筆しました。



私は以前から世の中に蔓延(まんえん)する情報商品の値段の高さに大きな疑問をもっていました。



書店で売られている書籍に比べると10倍から20倍の値段で販売されています。



どうしてそんなに高いのか?



不思議でしかたがありません。



果たして、そんなに価値があるものなのか?



疑問符ばかりが頭の中を交錯します。




私の目的は受験生を救済することです。




利益追求型の普通に売られている情報商品と考えるならば、私の執筆したマニュアルは
2万円から3万円で販売されていてもおかしくありません。



でも、私はこの商品を販売して生計を立てようとは思っていません。



なぜなら、一流企業に就職して従事しているのだから、お金に困ることは全くありません。



昨今の経済成長もバブルの崩壊から脱却して、右肩上がりに上昇を続けています。



会社に居続けることの不安材料は一掃され、将来的にも安定した展望が見えてきました。



私は、
『受験生を救済する活動資金』さえ与えられれば良いのです。



そこで、私は全力を尽くして執筆したこの
『神木流合格勉強法』9,800円で、ご提供したいと思います。




私はこのマニュアルを執筆するのに3ヶ月以上の時間をかけました。



周りの人は、割に合わない労働だと言うでしょう。



そういう人は、私の気持ちをとうてい理解することができないでしょう。



私は損得勘定で物事を考えません。



私には私のポリシーがあります。




私は日本の将来を担う子供達を救ってあげたいと心から思っています。



よりよい日本にするためには、有能な人材をたくさん世の中に輩出する必要があるのです。





その活動資金として、これほどお求めやすい価格に設定したのです。



参考書を数冊買っただけの価格です。



”おちこぼれ”から一転して”一流大学へ”と快進撃を遂げた
ナマの実体験がこの価格でお求めできるのです。




よく情報商品を『限定○○名に限り』とか、『○○日までにご購入いただくと』とか、『先行購入価格』とかで、読者の気持ちを焦らせる価格提供を見かけます。



私はそういったことを一切いたしません。



そんなふうに読者を焦らせてどういう意味があるのか不思議です。



読者の気持ちをまったく考えていないと思います。




大切なことは伝えるということだと思います。




できるだけ多くの方に読んでいただくということです。





『神木流 合格勉強法』

(PDFファイル全114ページ)

【書店では入手できない実践マニュアル】


(注意:画像はイメージです)

9,800円(税込み)

お申し込み
(PDFファイルダウンロード版全112ページ)




このようにお求めやすい価格でこのマニュアルを提供することで、世の中のたくさんの子供達がこれを読む機会が増えると考えられます。



そうすることで必然的に救済される子供達も増えることを確信します。



有能な潜在能力をもった子供達が、その能力を開花させ世の中にたくさん輩出されることでしょう。



これが私の理念につながってくるのです。



私の理念に共感していただけるなら、これほど嬉しいことはありません。




注意)以下のような方は、ご購入をお控えください。



■真剣に受験を考えていない方。


■将来を真面目に考えていない方。


■将来どうなりたいかという夢がない方。


■勉強は自分の力だけでできると自信を持っている方。


■猛勉強をすれば志望校に合格すると信じている方。


■勉強方法に悩んでいない方。


■学校や塾に通うだけで学力が上がると考える方。


■購入しても実践しない方。


■努力をしない方。


■行動力のない方。


■すぐにあきらめてしまう方。


■楽をして勉強をしようと考えている方。


■情報商品を信用していない方。


■私の理念に共感できない方。





なぜなら、私はこういった無気力で意志のないお子様を助ける自信がないからです。



また、自信があり勉強に何も迷いがない方には、私の力は必要ないからです。



あくまでも、私の理念に共感し、そして努力を惜しまない前向きな姿勢をもっている方だけに読んでいただきたいのです。



私は、向上心をもったポジティヴな思考のお子様でしたら、志望校に合格させる自信があります。



私が提供するマニュアルは、夢をすぐにあきらめてしまうようなお子様には合っていないのです。



いつも前向きでポジティヴに考えるお子様であれば、日本の将来を担うだけの潜在的な素質をもっていると考えます。




そのようなお子様には是非とも頑張ってほしいのです。



以上のように、私の考えに共感していただいた方はすぐにご購入をお願いします。





また、ご購入いただきましたお客様への配慮として以下の保証をお付けいたします。



■ 保 証 ■

『完全満足全額返金保証』


保証として『完全満足全額返金保証』をお付けいたします。


ご購入日から6ヶ月間、『神木流合格勉強法』を実践していただいて、『成績が上がらない』『効果が見られない』とお客様が判断されましたら、お申し出いただいてからただちにあなたの銀行口座へご購入代金を全額返金いたします。



この保証をお付けした理由は、決して私のマニュアルに自信がないからではありません。


このマニュアルに沿って頑張ってみたけれど、どうしてもお子様に合っていなかったという方もいらっしゃるという、私の配慮からです。



私にも良心の呵責(かしゃく)があるからです。


私の思いをご察しいただけると幸いです。



【返品対象】
私の提供する勉強法を実践していただくことを条件とさせていただきます。
マニュアルを実践後、6ヶ月経っても効果がでないと判断された場合。

【返品時期】
6ヶ月経過後 90 日以内にご連絡があった場合に返金可能となります。

【返品方法】
タイトルを「返金希望」と記入後、ご注文番号とお名前を記載の上、メールにてご連絡ください。
30 日以内にご購入代金を指定の口座へお振込いたします。
返金のお申し出は、自己申告で行ってください。
(ご購入から6ヶ月経過したことを告知はいたしませんので、あらかじめご了承ください。)









『神木流 合格勉強法』

(PDFファイル全114ページ)

【書店では入手できない実践マニュアル】

9,800円(税込み)

お申し込み












どうして私がこのマニュアルを書こうと思ったかお解りいただけるでしょうか?



私にも子供がいます。



その子が将来どういう道を歩んでいくのか非常に心配でたまりません。




■道をはずして間違った人生を歩んでいくのではないだろうか?


■本当にその子の人生がその子にとって幸せになるのだろうか?


■必要のない苦労まで背負ってしまわないか?


■確固とした自分の考えをもっていないために騙されて転落の人生を歩んでしまわないか?




心配事を考え出すとキリがありません。




私は、この子のためなら世界を敵にまわすようなどんな苦難にでも立ち向かう決意があります。



どんなことをしても子供を守ってあげたい。




あなたもお子様に対する気持ちは私と同じだと思います。


親であれば、子供の将来を心配するのはあたりまえです。





出来る限り迷うことなく有意義で幸せな人生を歩んでもらいたいと思っているはずです。



私は大切な子供達を、私が経験したような
苦労をさせたくないと思っています。



もし、あなたのお子様にはそんな心配は必要ないというのであれば話はそれまでです。



私のマニュアルを読んでいただく必要はありません。



しかし、受験は人生を左右する大きな岐路です。



この岐路に立ってどういう方向に進むかによって子供の将来が決まってきます。



この岐路で間違った方向に進んではいけないのです。



この岐路で躊躇(ちゅうちょ)して前に進めなくて
戸惑う子供の姿を見たくありません。



実際に、この岐路で悩んでいる子供達がたくさんいるはずです。



そういった子供達を救ってあげたいと思いませんか?



あなたのお子様がこういったことで悩んでいたら助けてあげたいと思いませんか?



その救済の意味を込めて、私はひとつの指針としてこのマニュアルを書き起こしたのです。



このマニュアルを読むことで、お子様の悩みが少しでも解決したならば、これほど嬉しいことはありません。



間違いのない信じた道を歩んで幸せになってほしい。



ただそう思うのです。












特定商取引に関する法律に基づく表示    お問い合わせ

® 『神木流合格勉強法』 All Rights Reserved.
※当ホームページの文章の無断転用・転記、は堅く禁じます。